0歳1歳2歳の育児の解説などなど


by tukushi0109

生後1か月から4か月

生後まもない頃の赤ちゃんは、授乳の時以外は
ほとんど眠っている事が多いです。
ここでは、夜泣きや育児グッズの活用法などについて
解説していきたいと思います。
生後1か月から4か月


生後4か月頃までの赤ちゃんは、
母乳&ミルクのみですよね。
だいたいですが、3時間おきくらいに
「お腹がすいた」と泣き出します。
毎日繰り返すことで、
赤ちゃんの泣くタイミングと
おっぱいが張るタイミングも合ってきますよ。
赤ちゃんのミルクと夜泣き


さっき授乳をして、まだ一時間程しかたっていないのに
泣き出し、ミルクをあげてみたら飲んだ。
というような経験はありませんか??
それは、一回の授乳の量が足りていないからです。
母乳がたくさんでる人は問題ないと思いますが、
中には少し出にくい人もいますよね。
そんな時は母乳とミルクの混合育児を行うのがいいですよ。
母乳とミルクの使い分け


生後まもない頃の赤ちゃんは、
へその緒がまだまだ完全に乾いていないので、
毎日消毒してあげましょう。
私は、退院する時に、産婦人科から消毒薬をいただきましたが
ない場合や途中でなくなった場合は、市販の消毒でも
大丈夫だと思いますよ。
へその緒の消毒方法


赤ちゃんは生後、離乳食が始まるまでは、
母乳かミルクしか口にしないので、
大人のウンチとはずいぶん違います。
母乳のみの育児の場合は、黄色っぽいウンチが出ます。
ぶつぶつっぽいのが混じってることがありますが、
これは母乳、ミルクによる脂肪成分なので、
心配ありませんよ。
母乳、ミルク時のウンチの様子


抱き癖というのは、赤ちゃんは誰にでも
多少あるのではないでしょうか。
やっぱり祖父母や、身内の方々は
可愛いからという思いで、ついつい抱っこしますよね。
やっぱり赤ちゃんも寝たままだと背中も痛いでしょうし、
抱っこは気持ちいいものですよね。
抱き癖について


揺さぶられ子症候群とは、
赤ちゃんが強く揺さぶられる事で、赤ちゃんの脳に障害が起き、
くも膜下出血などの病気になってしまうことです。
生まれたばかりの赤ちゃんは、
まだまだ体が未発達で、脳もとても柔らかいです。
そのため赤ちゃんをあやそうと、「高い高い」など
脳を刺激するようなことはしてはいけません。
揺さぶられっ子症候群


乳幼児突然死症候群とは、
これまで何の異常もなく元気だった赤ちゃんが、
何の前触れもなく突然亡くなってしまうことです。
原因も何もわかっていないのですが、
調べると、約2000人に1人の赤ちゃんが
この乳幼児突然死症候群になっている様です。
乳幼児突然死症候群


赤ちゃんの衣類専用の洗剤が、
ベビーショップなどでよく販売されていますよね。
でもやっぱり、赤ちゃん用なので
コストはかなり高めです。
そこで、私がやってみたことは
赤ちゃんの肌に直接触れる肌着を
私たち大人と一緒に洗濯してみました。
ベビー服の洗濯


生後一ヶ月間は赤ちゃんは外に出してはいけないですが、
一か月が過ぎた頃から少しずつお散歩に出かけてみましょう。
やはり、初めての散歩はお天気がよくて、
気温も心地いい日がいいですね。
真冬となると少し難しいかもですが。。。
赤ちゃんとのお散歩


あたりまえの事なのですが、
赤ちゃんはしゃべる事ができないですよね。
でも、赤ちゃんは泣く事で、「お腹がすいた」、
「抱っこしてほしい」など色んな感情を
私たちに訴えています。
赤ちゃんにはいっぱい話しかけてあげましょう。
赤ちゃんとコミュニケーション


コンビラックは、ゆりかごのことです。
優しく揺らしてあげることで、
赤ちゃんはまるでお腹の中にいるような
感触になると言われています。
私はかなりコンビラックを活用していました。
背中も起こしてあげられ、赤ちゃんの視界も広がるので、
ベッドに寝かせきりよりも、喜んでくれます。
コンビラックの活用


おしゃぶりには利点と欠点があります。
私が、おしゃぶりを使い始めたきっかけは、
夜中の授乳の際に、母乳の出がイマイチだったので
ミルクを足していたんです。
そして、ミルクを作っている時に
お腹が空いているせいか泣きだすんです。
おしゃぶりについて

お宮参りは、赤ちゃんが産まれて
初めて、お参りする行事です。
赤ちゃんの健康を願うものですね。
お宮参りを行う時期ですが、
一般的に生後31日~33日目がよいとされています。
お宮参り


お食い初めとは、赤ちゃんが大きくなっても
一生食べることに困らないように行う儀式のことです。
赤ちゃんが生まれて初めて、
母乳、ミルク以外のものを口にするのもこの日です。
食べ真似をするだけですが。。。
お食い初めは一般的に、生後100日目に行うようですよ。
お食い初め


パパは毎日仕事で忙しく、なかなか赤ちゃんと
コミュニケーションをとる時間がないですよね。
そんなパパの毎日の役目は、お風呂でした。
生後1か月を過ぎると、赤ちゃんは大人と一緒に
お風呂に入れるようになります。
パパの役目


毎日の3時間おきのミルクと、
初めての育児で戸惑うこともいっぱい。
どんなに赤ちゃんが可愛くても、
やっぱりママだって疲れが出てくることも
ありますよね。
夜泣きが続くと寝不足にもなるし、
ストレスだってたまってきますよね。
育児疲れ



初めて子育てするママへ、
生後1か月から2歳になるまでの育児方法を教えます
2歳までに何をすればいいの??が分かります!
2歳になるまでの育児専門サイト
[PR]
# by tukushi0109 | 2009-05-29 20:47 | 2歳

離乳食について

いよいよ赤ちゃんが母乳、ミルクだけでなく、
ご飯を食べれるようになってきます。
でも、離乳食にも色々な段階や準備があります。
ここでは、離乳食の時期別の調理方法や、かんたんなレシピを
紹介していきたいと思います。
離乳食について


赤ちゃんはまだ歯も生えていないし、胃も未発達です。
そのため、離乳食は、すり潰した
ドロドロ状態のものをあげます。
そこで、赤ちゃんグッズ販売店にいくと、
「離乳食セット」が売っています。
離乳食グッズ


離乳食を開始する時期ですが、
平均的な目安としては
生後5か月くらいだといわれています。
体重としては6キロ前後位になったら始めます。
大人たちが食べているのを、
じっと見つめるようになったり、
口を同じように動かしたりするようになってきます。
離乳食開始時期


離乳食を始める準備時期として、
生後3か月頃から、
スプーンで果汁をあげてみましょう。
スプーンに慣れるための練習と、
ミルク以外の味を覚えてもらうためです。
果汁は、薬局などで
赤ちゃん用の果汁ドリンクも売っています。
離乳食準備期


5~6か月は離乳食初期。
一日一回、スプーン一杯から始めましょう。
品目も一品から始めます。
開始日は、
赤ちゃんの体調のいい日にしましょうね。
離乳食初期のお粥は10倍粥で、
つぶつぶがほぼない、ドロドロ状態です。
離乳食初期


7~8か月は離乳食中期。
一回食から二回食にステップアップしましょう。
品目も徐々に増やしていきます。
ドロドロ状態からツブツブ状態になります。
お粥も十倍粥から七倍粥になります。
離乳食中期


9~11か月は離乳食後期。
お粥は7倍粥から5倍粥になります。
二回食にも慣れてたくさん食べるようになったら、
3回食へステップアップしていきましょう。
離乳食後期になると、歯ぐきも固くなってくるので、
舌で潰すから歯ぐきで噛むようになってきます。
離乳食後期


12か月頃~15か月頃までは、離乳食終了期。
朝、昼、晩の三回食になります。
これまで、ドロドロしていたり
かなり柔らかめだったのも、
大人と同じような食事ができるようになってきます。
離乳食終了期


赤ちゃんも体調不良で、
食欲が低下することもありますね。
だからといってストップするのはいけません。
栄養が足りなくなり、体力が低下してしまいます。
例えば、下痢の時は、
水分をしっかり摂らせてあげましょう。
体調不良の時は??


これまで、母乳、ミルクしか飲まなかった時の
赤ちゃんのウンチは黄色っぽかったり、
緑っぽいものでしたね。
離乳食が始まる事で、大きく変化します。
母乳、ミルクの時は、
匂いもほとんどなかったと思います。
離乳食期の赤ちゃんのウンチ
[PR]
# by tukushi0109 | 2009-05-29 15:57 | 2歳

離乳食レシピ

ここでは、私が離乳食時期によく作っていたものを
いくつか紹介していきたいと思います。
レトルトの活用法もわかりますよ。
離乳食レシピ


赤ちゃんは雑炊が大好きです。
色々な食材を細かく切って
柔らかく煮ますので、栄養効果も抜群!!
私がよく使っていたのは、
白菜、お肉を食べれるようになったら、
小さく切った鶏肉でだしをとります。
雑炊


うどんは食べやすいように、また離乳食時期に合わせて、
大きさを調節し、細かく切ります。
だしの作り方は先ほどの、雑炊と同じです。
野菜やお肉と一緒に、柔らかくなるまで
グツグツと煮立てます。
とろとろうどん


おかゆといっても、毎回同じ白おかゆばかりでは
赤ちゃんも飽きてしまいますよね。
そこで、私がよくしていたことは、
おかゆに煮魚をすったものを混ぜてあげます。
魚はモサモサするので、つい吐き出してしまう
赤ちゃんが多いです。
おかゆにも一工夫を


レトルト食品の中に、ソースの素があります。
私はこれをよく有効活用していました。
クリームソースの素に
細かく切ってゆでたキャベツなどを混ぜます。
耐熱皿にご飯を盛り、上に、そのクリームソースをかけて、
オーブンで焼くと、ドリアになります。
レトルト食品を有効活用
[PR]
# by tukushi0109 | 2009-05-29 15:55 | 2歳
生後5か月を過ぎてくると、これまで動けなかった赤ちゃんが、
おすわり~はいはい~つたい歩き~歩行と、
どんどん成長します。
成長するにつれ、気をつける事もいっぱい。
ここでは、活発になってくる赤ちゃんと共に、
注意することなどを紹介します。
生後5か月以降の赤ちゃん


5か月を過ぎたころから、
赤ちゃんは寝返りができるようになり、
おすわりもできるようになります。
でも、おすわりをはじめたばかりの頃は、
まだまだ頭が重たいので、
左右にグラグラしてとても危なっかしいです。
私もよく、少し目を離したすきに泣き声が。。。
おすわり時の注意


赤ちゃんの歯が生え始める時期は個人差があります。
まず、下の歯の真ん中二本が生えてきます。
赤ちゃんは違和感があるのか、
「ブーブー」と唇を震わせたりしますが、
すぐに慣れてきます。
赤ちゃんの歯とよだれ


突発性発疹とは、今まで元気だった赤ちゃんが
急に38度から高ければ40度弱の熱が出てくることです。
生後1年以内にかかる赤ちゃんが多いようですが、
生後初めて出る熱が、この突発性発疹
という赤ちゃんも多いようです。
突発性発疹について


赤ちゃんがはいはいをしだしたら、
本当にママもこれまで以上にバタバタになります。
だって、今までは、じっとしていてくれたのが
見違えるように活発になりますから。。。
でも、これも成長の証として嬉しい限りですよね。
はいはいをし始めたら


歩行器は、おすわりも安定した赤ちゃんの
歩行を助けるものです。
赤ちゃんの視界も行動範囲も広がり、
とても便利なグッズの一つです。
昔の歩行器に比べ、今では、歩行器の赤ちゃんの手元には
手遊びができるものがいっぱい取り付けられています。
歩行器の活用


はいはいを始め、歩行器もうまく使えるようになると、
足の筋肉もだいぶついてきて、
つかまり立ちができるようになってきます。
私も初めて子供がテーブルに立って、歩いた時は
本当に嬉しくて感動したのを覚えています。
つかまり立ちからつたい歩きへ


赤ちゃんが歩く時期は、赤ちゃんによってバラバラです。
早い子で、10か月過ぎ
遅くても1歳2か月頃までには歩き始めます。
私の子供は、10か月で歩き始めました。
男の子より女の子の方が、
早く歩く子が多いと聞いていました。
初めてのお歩き


今まで、「あ~う~」としかしゃべれなかった赤ちゃんが、
だんだんと意味のある言葉をしゃべれるようになります。
赤ちゃんに早くしゃべってもらうには、
とにかくママやパパがいっぱいしゃべりかけてあげること。
赤ちゃんは両親から言葉を学びます。
はじめてのおしゃべり
[PR]
# by tukushi0109 | 2009-05-28 22:20 | 2歳

1歳をすぎたら

一歳をすぎたら、子供はどんどん活発になってきます。
いろんなものに興味をもちはじめます。
ここでは、子供とのお出かけについてや、断乳について
など紹介していきたいと思います。
1歳をすぎたら


一歳をすぎ、離乳食から幼児食へと変わっていく頃から
断乳を考えていきましょう。
それぞれ子供によって、断乳できるスピードはさまざまです。
哺乳瓶は、歯が生えてからも使い続けると、
虫歯になりやすといわれています。
断乳を考えよう


子供との旅行の時は、かなりの荷物になります。
でも、一歳も過ぎたんだし、家族旅行もしたいですよね。
私が、初めて子供を旅行に連れていったのは、
1歳8か月の時でした。
旅先で不備がないように、しっかり準備をしておきましょう。
子供との旅行
[PR]
# by tukushi0109 | 2009-05-28 16:16 | 2歳

小児喘息について

小児喘息は子供にはとても辛いです。
私の子供も小児喘息にかかりました。
ここでは、お医者さんで習ったことなどを
紹介していきたいと思います。
小児喘息について


小児喘息は、ほとんどがアレルギー物質による
アレルギー反応によって起こると言われています。
小児喘息が起こると、気管支がせまくなるので、
子供の呼吸は「ぜーぜー」「ひゅーひゅー」
といったような音になります。
小児喘息の特徴


小児喘息にかかると、医者ではアレルギー検査が行われます。
動物の毛、ハウスダスト、卵などの食品物などがあります。
ハウスダストにアレルギー反応がでる子供が多いようですが、
私の子供は、動物の毛でした。
アレルギー反応が出たものについては
特に注意が必要です。
アレルギー検査


私が、通っている小児科で教えてもらった
家でもできる肺の鍛え方があります。
吸入をした後だと、より効果的なんです。
コップに水を半分くらい入れます。
ストローをさして、子供にくわえさせ、
吸うのではなく吐くのです。
家でもできる肺の鍛え方


小児喘息のアレルギー原因はさまざまですが、
家でも母親が気をつけてあげなければ
いけないことはたくさんあります。
部屋のなかを乾燥させないようにします。
冬は特に暖房器具の使用で部屋が乾燥するので、
加湿器の使用をお勧めします。
母親が気をつけてあげること
[PR]
# by tukushi0109 | 2009-05-28 12:55 | 2歳

トイレトレーニング

トイレトレーニングといっても、怒って教えるというものではありません。
子供が、自分でトイレでおしっこやウンチが
できるようになるのを応援してあげるということです。
ここでは、トイレトレーニングについて紹介していきます。
トイレトレーニング


スタートする時期の目安としては、
ママやパパの言うことがだいたい理解できていること。
また赤ちゃんのころと違って
おしっこの間隔があいてきていることです。
大きくなってくると、膀胱がだんだん大きくなってくるので、
おしっこをためる機能が発達してきます。
スタートする時期


子供がおしっこしたくなったら、
チンチンに手を当てたり、動きが急に止まったりします。
ママはこれを見逃さずに、「あれ?おかしいな」と思ったら
すぐにトイレに連れていってあげましょう。
気を長く見守ってあげましょう。
子供のしぐさに注意


昼間には、おしっこがトイレでできるようになっても、
おねしょはなかなか卒業できません。
先程も紹介したように、膀胱が大人に比べると小さいのです。
そのため、寝てる間に膀胱からあふれてしまい
おねしょになります。
おねしょについて
[PR]
# by tukushi0109 | 2009-05-27 23:22 | 2歳

予防接種について

赤ちゃんが産まれてから、行う予防接種はたくさんです。
また、行う時期も決まっていますので、注意しましょう。
ここでは、それぞれの予防接種について解説していきたいと思います。
予防接種について


赤ちゃんは、産まれてすぐは母親からもらった
免疫がありますが、何か月も過ぎると、
免疫力も低下してきます。
なので、さまざまな病気から子供を守るために、
予防接種を受ける必要があります。
予防接種の必要性


BCGは結核の感染を予防するものです。
昔はツベルクリン反応の後に、BCGが行われていたのですが、
今では、生後6か月未満で、BCGのみ行われます。
接種後、軽い発熱が起こる事がありますが、
心配はありません。
生後3か月をすぎた頃から、接種を考えましょう。
BCG


DPTとは、ジフテリア、百日せき、破傷風混合のことです。
このDPTは三週間ごとに一回を三回行ったあと、
一年後に4回目を接種して免疫力をつけます。
ジフテリアとは、高熱、せきなどで、喉の炎症が起こり、
ひどい時は呼吸困難に陥る事もあります。
三種混合(DPT)


ポリオは生後3か月から1歳半までの間に
2か月ほど、間隔をあけて2回行います。
ポリオウィルスは、吐いたりマヒなどが起こる病気で、
ひどければ後遺症が残ることもある病気です。
ポリオは注射ではなく、ワクチンを飲ませます。
ポリオ


麻疹ウィルスは、感染力が非常に強く、
せきや高熱の症状が起こります。
症状は非常に重く、合併症を起こすこともあり、
今でも多くの子供たちが命を落としている病気です。
はしかの予防接種は1歳になったらできるだけ早く行います。
はしか
[PR]
# by tukushi0109 | 2009-05-26 22:31 | 2歳

健康検査について

子供は、ある一定期に保険センターで健康診断を行います。
ここでは、健康検査を行う時期と、内容などについて
紹介していきたいと思います。
健康検査について


健康検査を行う時期は、
3~4か月、1歳6か月、3歳 です。
この健康検査では、
子供の体重、身長、歯の状態を診てもらいます。
また、育児について分からない事も相談できます。
健康検査を行う時期


歯にフッ素を塗る事で、
虫歯予防に大変効果があります。
希望した子供のみですが、
ぜひ塗っておくことをおすすめします。
歯の検査の際は、専門の歯医者さんが、
子供の歯を診てくれます。
歯のフッ素効果
[PR]
# by tukushi0109 | 2009-05-25 23:39 | 2歳